ほんの少しでも、ほっとできる時間を過ごしてほしい

ボランティア『ミールプログラム』とは・・

ハウスに実際に行って、その日宿泊される
利用者の皆さんにお食事を作るボランティアです。

ドナルド・マクドナルド・ハウスの利用者の方は、ほんの少しでも
お子様と一緒にいてあげたい。と、
一日中病院でお子様と一緒に過ごします。
そして、ハウスへ帰ってきた時には自炊できるような元気は
残っていないのがほとんどだそうです。
そんな利用者の方々に、
夕食を作ってご提供するのが『ミールプログラム』です。
こちらは、利用者の方の声です。
「毎日お湯をそそぐだけとか、電子レンジにかけるだけの
簡単な食事しかとれていませんでしたが、
久しぶりに手作りのお料理をいただけて、
看病の疲れがとれました。」
こうやって、お子様の看病の中で疲れている
利用者の方々にほんの少しでも
『ホッとする瞬間』をご提供したいと考えています。

ステイブルで働く主婦のみなさんを中心に、神戸ハウスへ

ミールプログラムへ行ってきました(^^)

5月は、ほっこり肉じゃがをメインに、優しい和膳が仕上がりました★

その日滞在されている利用者の皆さんの人数分、作ります♪

旬のお野菜を使って、優しいお料理が出来ました。

長い、看病の疲れが、少しでも和らぎますように・・